こんにちは。
「看護師のストレス解消・自分探し研究室」
を運営している元看護師
ガイアエネルギーワーカー 富永菜桜子 です。

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
季節が一周ぐらいまわっちゃいましたね。
また心機一転頑張ってUPしていきますので
よろしくお願いします。

では、本日のテーマは、
ときめき☆夢リストを作ろう です。

 

ときめき☆夢リスト

これが看護観を明確にするための第一歩となります。

どういうことか早速見ていきましょう。

 

◆何故、看護観がストレス解消につながる?

前回のブログ 看護観とストレスの関係 では、
日々感じている看護師のストレス
「なんだかスッキリしない、いらいらする」は、
あいまいな現在地の定義が一因であり、
あいまいな現在地をはっきりさせるには
目的地をはっきりさせる必要がある
ということをお話ししました。

ここでもう一度おさらいすると…
①ストレスとは、
「何かに抵抗してひずみが生じている状態」

ストレス解消のためには
「何に抵抗しているか」がわからないと対処できない。

③この「何に抵抗しているか」が、イコール
「現在地がどうなっているか」ということ

④でも目的地が明確でないと
現在地はしっかり定義できない

⑤だからまず目的地を明確にさせる必要がある

…ということでした。

看護という仕事に関していえば、
目的地は看護観ということになります。

看護観とは、私の看護に対する考え方。
「私は看護師としてどう在りたいか」の答え。
「最終的に到達したい目標とする姿」
「理想の看護師像」とも言えます。

つまり、看護観を明確にすること
(目的地をはっきりさせること)が
看護師のストレス解消にとっては
重要ということになってくるわけです。

それでは具体的にはどうしたらいいのか
それを紐解いていきましょう。

 

◆私独自の「看護観」  

ここでお話ししている看護観とは
あくまで「私の」看護観、その人独自のものです。
よって答えはその人の中にしかありません。

この独自のもの、特性をエッセンスと言います。
その人の純粋な性格とも言えるかもしれません。

このエッセンスが、人生使命(タスク)
ロンギング(人生で経験したいと願ってやまないもの)
を携えて生まれてくる。

これが看護に反映されたものが看護観となるわけです。

しかしこのエッセンス・タスク・ロンギングは、
たいてい自分の内奥に閉じ込められています。
ですから自分の中・奥深くへと
探しにいく必要があります。

この自分の中を掘って
探っていく作業を「ワーク」と言います。

ここでは看護観を明確にするための
自己ワークの方法をご紹介していきます。

 

◆看護観を明確にするためのファーストステップ 自分を知る    

看護観を明確にするための第一歩として
どうしてもやらなければならないこと…

それは「自分を知ること」です。

「自分」とは一体どんな人であるのか?
「私」は誰なのか?

「自分」がわからなければ、
自分の行きたい場所が
どこにあるのか分かるはずもありません。

「自分のことぐらいわかっているよ…」
という声が聞こえてきそうですが、
意外にも自分のことって
よくわかっていないことが多いんです。

だからこそ目に見える形にしていくことが
大切になってきます。

 

◆「ときめき☆夢リスト」を作ろう!

 

夢リスト

自分を知るためのワークは
いくつかありますが
本日は「ときめき☆夢リスト」について
解説していきます。

やり方は簡単

①専用ノートを用意する
②自分が「これが叶ったらときめく☆」と思う「夢」を
 100個以上(これ以上書けないというくらいまで)
 ノートにピックアップする  手書きがgood!
③達成したら斜線で消していく
④新たな「夢」を思いついたらその都度に付け加えていく

… これだけ

でもこれ、やってみると分かるんですが、
100個書き出すって結構大変なんです。

20個30個までは何とか出せるんですが、
そこから先が出てこない。
というか、「夢」って100個もあるの-?
とか思ったりして。

 

◆ときめき☆夢リスト作成時のポイント

なので、ここでちょっとしたコツを
お伝えしますね。

まず、書き出すときの大前提となるのが、
「制限を設けない」ことです。

こんな感じで自分に質問してみてください。

お金と時間に一切制限がなかったとしたら…
あなたは何がほしいですか?
何がしたいですか?
どんな自分になりたいですか?

現代人は制限の中で窮屈に生きていますから
考え方も制限だらけになっています。

でも、制限の中での夢は
本当の夢ではありませんよね。
次に、書き出す際に「細分化すること」
これを意識してみてください。

「夢」と大くくりに言ってしまうと
ぼやけてしまうからです。
なので、「夢」を
ジャンル分けしていきましょう。

見ていくのは like have do be です。

like  :好きなもの
have:ほしいもの・持ちたいもの
do  :したいこと・やりたいこと
be  :なりたい自分・在りたい状態  

例えば
like  :自然素材 パステル色 移動すること 新しい人に会うこと
have:笑顔があふれる家族 同じ夢を持つ仲間 エネルギーの良い家
do  :自然遺産への旅行 自分のコミュニティづくり 
be  :体重40㎏台の体  自分の意見を言える人


 

「夢」だけだと一つの項目だったものが、
こうやって細分化していくと
いくつかに分けて書き出すことが
できるようになります。

これ以外にも
「誰々に会いたい」
「こうだったらいいな」
などを、制限なくどんどん出していきましょう

何度も言いますが、
「制限なく」ってところがポイントですよ。
制限をとことん外してみます。

お金が余るほどある。
時間もいくらでもある。
何でもできる。

この前提でどんどん探っていきましょう。

 

◆余裕がある人は…次のステップ      

もし時間があったら次に、
書き出したリストの項目一つ一つに対して、
「夢」として挙げた理由
考えてみてください。

「なぜ旅行に行きたいのか」
「なぜその人に会いたいのか」

これをすると「夢」の中身が
もう少しはっきり見えてきます。

このとき注意してみていってほしいのが、
「~~したい」の仮面を被った「~~べき」が
入っているかどうかです。

wantのフリしたshould…
これが必ず含まれてくるはずです。

「夢」としてあげた理由に
ネガティブな要素が入っていたら
要チェックです。

例えば、体重40㎏台になりたい理由が
「そうでないとみんなに笑われる」だったり
「彼氏ができない」だったりした場合は、
恐れからくる「~~しなきゃ」
である可能性が強いです。

これは「夢」ではありません。

だから、ときめくかどうかポイントです。

ただの「夢リスト」ではなく
「ときめき☆」をつけたのは

こういう理由からです。

もし、このネガティブな理由から出てきた
「夢」をみつけた場合は、
ときめき☆夢リストからは削除しましょう。

ただし、このネガティブな「夢」ですが、
これはこれで重要な
自己ワークの種になります。
ですから、完全に消去するのではなく
どこか別のノートなどにメモして
残しておきましょう。

 

◆なぜ「ときめき☆夢リスト」を作るといいのか

「夢リスト」というと、
リストに挙げた夢をかなえることを
目的として使われることが一般的なようですが、
ここではあくまでも
自分を知るためのツールとしてご紹介しています。

では、何故「夢リスト」なのか…。

たかが「夢リスト」されど「夢リスト」でして、
お勧めの理由は、この単純な作業の中に
以下にあげるような
自己ワークの基礎
たくさん詰まっているからなんです。

①自分の中の思い(思考)を
意識上に挙げていくトレーニングになる

ぼんやりしていたものが言語化して
「見える」状態になっていきます。
そして徐々に意識上に出やすくなっていきます。

②自分が実際に欲しているものを
自覚
することができる

自分の中に眠っていたものが
目を覚まし始めます。
「あー、こんなものが好きだったんだな~」
「こういうもの欲しかったんだな」
ということがはっきりと見えてきます。

③自分を俯瞰して見る…トレーニングになる
自分の中から出てきたものを
振り返って見返すことで、

自分を俯瞰するトレーニングになります。

似たようなこと書いているな~とか、
結局これ同じものを欲しがっているな~とか、
そういう「自分の傾向」を知る機会となります。

 

本当に自分が求めているもの(ロンギング)
このリストの中にしかありません。

この中でどうしても外せないもの、
お給料をもらわなくてもやりたいこととか、
どんな困難な状態でもやり遂げたいと思うものが
あなたのロンギングであり、
生まれてきた理由でもあるのです。

だからこれを丁寧に見ていくことが
ファーストステップでありながら
とても重要な作業となってくるというわけです。

 

以上、本日は
自分を知るためのツールの一つとして
「ときめき☆夢リスト」の作り方を
シェアさせていただきました。

ぜひ参考にしていただいて、
ストレス解消の第一歩を
踏み出していただければ幸いです。

 

本日のまとめ

  1. ストレス解消のためには看護観を明確にすることが大事
  2. 看護観とはその人独自のもの 自分の中からしか出てこない
  3. 自分の中にある特性(エッセンス・ロンギング)を
    探すワークが「ときめき☆夢リスト」の作成
  4. このワークでは、自分の中に眠っていた思いを意識化し、
    ほしいものを自覚し、俯瞰して自分の傾向を知ることができる

以上です。

 

今日も良い一日をお過ごしください。

いつもありがとうございます。