皆さんこんにちは!
「看護師のストレス解消・自分探し研究室」を運営している元看護師
ガイアエネルギーワーカーの富永菜桜子です。

「看護師のストレス解消・自分探し研究室」いよいよスタートです。

最初の記事は、
このブログをなぜ立ち上げたかについて…をお送りしますね。

現在看護師を取り巻く環境は、
いろいろな施策がとられているとはいえ
医療崩壊が叫ばれ始めた10数年ほど前と
さほど変わってはいません。

それもそのはずで、この問題の大元である
 少子高齢化
 医療の高度化
 医療に対する過度の依存
といったことが構造的なものであって
改善できるような性質ではないからです。

このような中、
看護師は日々ストレスフルな環境のもと、
献身的に仕事しています。

ですが…
過度のプレッシャーに耐えられず、
精神的に追い込まれて仕事を辞めざるを得なくなる…
という人も少なからずいらっしゃいます。

実は私もそのうちの一人でした。

当時自分では自覚がなかったのですが、
今思えばほとんど「燃え尽き症候群」の状態で
10年ほど前に大学病院を辞職しています。

看護師という職業に
自分の人生を懸けるだけの理由が
見つからなくなったのが原因です。

モチベーションが全く上がらなくなりました。

仕事も、
「自分の担当の時間を問題なく経過させること」
が目的となり、いつしか患者を
「モノ」として扱っていること
に気づいたとき、
「あー、仕事辞めよう」と思ったのです。

「この状態の中で仕事をし続けるのはつらい」と。

で、その後はしばらく“もぬけの殻”状態となりました。

「何をどうして生きていけばいいのか分からない…」。

半年ほど海外に行ったり、
少し看護師バイトをしては、
また仕事を辞めてひきこもったり…
そういった生活をしてきました。

世間から陰口をたたかれているような感覚
にもなっていました。

看護師としてだけでなく、
プライベートでも
完全に世間と切り離されてしまったかのようでした。

ここまで行かないにしろ、
看護師の皆さんの中には多かれ少なかれ
 イライラ  怒り  慢性的な疲れ  不眠
などを感じている方々は多いのではないでしょうか?

そしてそれを職業柄「仕方がない」と
あきらめてしまっているのではないですか?

ストレス解消に関しては完全に
個々人の対処法に任せられているのが現状です。

それは10年前も現在もあまり変わりがないようですね。

しかし、それを放置してしまうと、
私のように燃え尽き症候群になってしまいます。
医者の不養生ならぬ看護師の不養生です。

そうすると長い時間を
“人生の外野”で過ごさなくてはいけません。

誰にでも燃え尽きてしまう可能性はあるのに、
その危険性を
あまりにも自覚できていない人が多いのです。

そして、ある日突然、
文字通り燃え尽きたかのように
動けなくなってしまいます。

こんな燃え尽き症候群に陥る人を
少しでも減らしたい…というのが
私の願いなのです。

幸いにも私の場合、もがきながら
「自分は何がしたいんだろう?」
と追求していく中で、様々な人たちと出会い、
考え方に触れることができました。

そしてだんだんと
自分自身の在り方を見つめる事ができるようになり、
ワクワクしながら新たな一歩を踏み出せています。

このような経験を踏まえ、
燃え尽きることなく仕事を続ける事ができ、
また自分と向き合いながら、
自分の本当にやりたいことができる
豊かな人生を歩むこと
のお手伝いをしていきたいと考えています。

そのためにも「ストレスとは何か」について
様々な角度から探求して、
その対処法について
皆さんとシェアをしていきたいと思います。

 

まずは、
自分の置かれている状況について
「知ること」から始めるのが肝心です。

これは、外的な環境だけでなく、
「内的な環境」を知ることも含まれます。

つまり、
自分自身を知ることも含まれるということです。

「自分自身を知ること」
ここを追及している「ストレス解消法」は
あまりないのではないでしょうか。

自分とどう向き合うか…

これ、
どうやったらいいか分からないんです、私たち。

学校でも、社会の中でも、
教えてもらったことないですから。

でも、自分との向き合い方を知ると、
仕事に関わることだけでなく、
人生すべてにおいて物事を見る目が変わってきます。

とても楽に過ごせるようになるのです。

そして、その状態にあってこそ
「本当にやりたいことは何なのか」を導き出すことが
できるようになるのです。

日々、「人の役に立ちたい」と
献身的に仕事をされている看護師の方々が、
「潰れていく」という矛盾した姿は
これ以上見たくありません。

自分を見つめる そして 自分を癒す

一緒にこの歩みを始めませんか?

 

さて、次回からは具体的な内容に
どんどん踏み込んでいきますね。

 

楽しみにしていてください。