「なりたい自分」実現ブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 自律神経

タグ : 自律神経

脳を休める瞑想、マインドフルネスもやっぱり…

瞑想と最近話題のマインドフルネス。どちらも呼吸をベースに、雑念を払い、意識や身体の感覚に集中することで、ストレスを低減させます。呼吸が大事であり、呼吸によって導かれる現実性と宗教性を兼ね備えた「今、ここ」に在り続けることが、瞑想、マインドフルネスの根幹です。

看護師のストレスを解消する最もシンプルで効果的な方法とは?

看護師独特のストレスは自らを疲弊させます。また、助けを必要とする患者をケアするための健康管理はプロとしての責務と考えます。今回は心身の疲労に対するヘルスケアの中で最もシンプルで効果的な技術(スキル)として「呼吸法」の効果と実践方法をシェアします。

セロトニンの増やし方 その2 リズム運動

セロトニンの増やし方2回目、リズム運動について。リズム運動とは、私達が常にしている歩行や咀嚼、呼吸などの簡単な動作のこと。ただ、現代人はこの普通の動作が疎かに。セロトニンを増やすためのリズム運動におけるちょっとした、でも大事なコツをシェアします。

セロトニンとは? セロトニン神経の機能と特徴

セロトニンとは何か?脳内のセロトニンは、社会生活や精神活動に重要な役割を果たします。そして、分泌させるセロトニン神経は少し変わった特徴を持っています。これが現代病とも言える鬱やパニック、不眠などにも関わってくるセロトニン不足を解消するポイントにもなります。

ストレスによる交感神経の興奮が病気のはじまり?

今回のテーマは、ストレスが病気を引き起こす理由についてです。ストレスが交感神経の興奮を引き起こし、アドレナリンが分泌。心臓、血管、免疫に影響し、様々な病気の原因となります。病気の予防のためには交感神経と副交感神経のバランスを取ることが重要となります。

ストレス反応 私たちの身体はストレスにどう反応するのか?

今日のブログは、「ストレス反応 私たちの身体はストレスにどう反応するのか?」というテーマでお届けします。ストレス解消には、ストレス反応の疲憊期、悪いストレスにならないための対策が必要になってきます。その鍵はコルチゾールとアドレナリンの過剰分泌を食い止める事です。

PAGETOP
Produced by AWBM塾